犬ならではの身体の特徴とは

飼い主にとって、愛犬の健康のためには、犬はどのような栄養素がどのくらい必要であるのかということを知っておく必要があります。また、犬の体の作りは、人間と比べてどのように違うのかということも理解しておくことも大切です。もともと犬は、哺乳類の中でも食肉目、もしくは食肉類のイヌ科という分類となります。獲物を捕えてその肉を食べることによって暮らしていた動物です。

犬は15000年以上も昔から、人間に番犬として飼われるようになったという説が有力です。長い間人間と共に生きていたことにより、完全な肉だけを食べる動物ではなくなり、植物なども食べられるようになったと考えられています。現在も、犬の歯はすべて尖っています。中でも、犬歯と呼ばれるもっとも鋭い歯は4本生えています。固い肉を切り裂くために使う目的のためです。

そして、消化器官が短いというのも肉食動物の特徴です。人間の腸の長さが体長の約12倍であるのに比べて、犬は6倍しかありません。そして人間と比べて、肉の主成分であるタンパク質を分解する能力が発達しています。そのため、愛犬に与えるドッグフードは、犬に適している栄養バランスに優れている、プレミアムドッグフードを選ぶことが求められるのです。